[協同組合 経営情報サービス] 技能実習生受入れ事業・ETC事業を始め、中小企業の経営の安定と発展を支援します
協同組合経営情報サービス
トップページ 組合について
組合事業・サービス
ご案内

組合加入のお手続き お問合せ・資料請求 サイトマップ



組合について


組合事業・サービス




ご案内




トップ > 組合事業・サービス > 外国人技能実習生受入れ事業 > 技能実習生受入れ人数枠


技能実習生受入れ人数枠


団体監理型は、受入れ可能な人員枠が緩和されます

企業の常勤職員数(法人毎) 技能実習1号(1年目)の受入れ人数枠
201人 以上 300人 以下 15人
101人 以上 200人 以下 10人
51人 以上 100人 以下 6人
50人 以下 3人

※50人以下の企業では、技能実習生数が受入れ企業の常勤職員総数を超える事は出来ません。
※300人を超える企業に関しては、常勤職員数の5%以内で技能実習生受入れが可能。
※常勤職員数に技能実習生数は含めません(常勤役員は含みます)。



例)上記表の受入れ枠が6人の企業で毎年6人を受入れた場合


受入れ枠を最大活用すれば、3年目から合計18名の技能実習生の在籍が可能

  1年目 2年目 3年目 4年目
1期生 技能実習1号 6名 技能実習2号 6名 技能実習2号 6名  
2期生   技能実習1号 6名 技能実習2号 6名 技能実習2号 6名
3期生     技能実習1号 6名 技能実習2号 6名
4期生以降       技能実習1号 6名
合計 6名 12名 18名 18名
※技能実習移行対象職種以外の技能実習生を受入れる場合は、毎年「受入れ人数枠」内になります。


技能実習生イメージ   技能実習生イメージ2



資料請求・お問合せ


協同組合経営情報サービス
組合加入のお手続き お問合せ・資料請求 サイトマップ

Copyright 2004-2012 KJS.All Rights Reserved.