[協同組合 経営情報サービス] 技能実習生受入れ事業・ETC事業を始め、中小企業の経営の安定と発展を支援します
協同組合経営情報サービス
トップページ 組合について
組合事業・サービス
ご案内

組合加入のお手続き お問合せ・資料請求 サイトマップ



組合について


組合事業・サービス




ご案内




トップ > 組合事業・サービス > 外国人技能実習生受入れ事業 > 受入れ制度について


外国人技能実習生受入れ制度とは


日本の企業等で技術、技能又は知識を修得するために外国人を受入れ “ 技能実習 ” を通じて技能実習生の人材育成と日本で修得した技術の母国への移転を図るという人的な国際貢献を目的として、法務省入国管理局が実施している制度です。講習を含む一年間の実習終了前に、対象職種、作業に限り、技能検定試験、実習成果等の評価を受け、更に2年間 “ 在留 ” を延長する事ができます。



技能実習生受入れのメリット


1. 企業による国際貢献

日本の技術・技能・知識を企業にて修得した技能実習生が帰国後、母国にてそれらを活用し、母国の発展に貢献することは、企業にとって大きな国際貢献といえます。
2. 向上心旺盛な若者の受入れによる企業内活性化

技能実習生は若く、向上心に溢れていますので、他の職員に良い影響を与えます。高齢化が進む現場ではその影響は特に顕著です。
3. 企業内における国際交流、国際理解の促進

日々、企業内にて職員が技能実習生と接することにより、企業内の国際交流、国際理解を実現します。
4. 国際ビジネスへの展開

帰国した技能実習生との人間関係や技能実習生からの現地情報を活用し、企業の国際ビジネスに役立てることも可能です。


受入れ企業様からの声
島根県 M株式会社 専務取締役より

弊社は、以前より中国人実習生の受入れに興味を持っておりました。
取引先の会社も中国人実習生を受入れており「中国人の実習生は一生懸命で良いよ!」とたびたび耳にしていました。そのような中、協同組合経営情報サービスを取引先より紹介を頂きました。ISOを取得している組合ということもあり、安心してお願いすることにしました。毎年中国から実習生を受入れておりますが、事務書類・入国管理局の書類等は組合の事務局がすべて代行してくれます。また日本語指導、実習のサポート、生活面の相談等の対応もしっかりしています。

作業マニュアル・工場内指示板・手順書の翻訳のお手伝いもして頂きました。
実習生は一生懸命実習に取組んでくれるので活気のある職場になっていると思います。よく中国人はなかなか素直にあやまらないとか宿舎の掃除が少し疎かになる等の悪い点も感じる事はありますが中国人だからというより個人の資質の部分かなと思います。

全体的な評価としては受入れるメリットはあると思いますし組合の担当者も一生懸命取組んでくれますので良かったと思います。

今後も中国人実習生をお願いしていきたいと考えてます!!
 中国人実習生イメージ   中国人実習生イメージ2


資料請求・お問合せ


協同組合経営情報サービス
組合加入のお手続き お問合せ・資料請求 サイトマップ

Copyright 2004-2012 KJS.All Rights Reserved.