[協同組合 経営情報サービス] 技能実習生受入れ事業・ETC事業を始め、中小企業の経営の安定と発展を支援します
協同組合経営情報サービス
トップページ 組合について
組合事業・サービス
ご案内

組合加入のお手続き お問合せ・資料請求 サイトマップ



組合について


組合事業・サービス




ご案内




トップ > 組合事業・サービス > 外国人技能実習生受入れ事業 > 入国後講習について


入国後講習について


技能実習生の日本入国後、約1ヶ月間は弊組合施設『KJS研修センター』にて日本語、日本の生活習慣、礼儀作法、法律等を学習する講習を実施します。


1. 教室、宿舎一体型の講習施設

「西日本研修センター」は同一施設内に教室と宿泊施設を備えていますので、技能実習生達は学習に集中することができます。また清掃、ごみ分別といった生活習慣の指導も効率的に実施することができます。
2. 優秀な日本語講師

「研修センター」の講習講師は、日本語教育有資格者、実習実施企業での生活指導経験者です。専任の講師が責任を持って技能実習生を教育します。
3. 実践的な日本語会話学習

技能実習生は企業に着任後、自分達の力で生活していかなければなりません。そのため、当組合では、スーパー、郵便局、銀行といった日本の日常生活で必要不可欠な場面の日本語を実際の場面で練習させる課外学習を多くカリキュラムに取り入れています。
4. 日本語によるコミュニケーション

「西日本研修センター」では、中国人とベトナム人が同じ教室で勉強をしています。そのため、必然的に日本語のみでのコミュニケーションとなるため、日本語力の向上につながっています。
5. 生活学習

外国人の技能実習生達は日本とは生まれ育った環境が異なるため、生活習慣も異なります。特に企業着任後にトラブルになりやすい清掃に関しては重点的に指導します。日本人との習慣の違いからトラブルが発生しないよう、日本の習慣、礼儀作法等を研修センターでの生活の中で実践を通じて学習します。
6. 実習実施企業別の専門用語学習

企業に着任したばかりの実習生にとって重要なのは、まずは単語量。しかし、現場で使用される言葉は企業によって異なります。ご要望に応じて専門用語等の現場でよく使う言葉を講習にて学習させることができます。


photo1

実践的な日本語会話授業

photo1

日本語を使用する学習環境

photo2

西日本研修センター


安心のサポート体制!
技能実習生受入れ事業スタッフとは?

当組合スタッフは、中国、ベトナム等での留学や就労など経験があり、また日本での社会経験が豊富で、現地の文化、習慣、考え方の理解は勿論の事、日本での企業活動や制度についても深い知識と経験を有しています。
また、外国人スタッフも同じように日本での長期の生活、就労を通して日本の習慣やルールを理解しています。
このような知識、経験豊富なスタッフがチームとなって企業様をサポートいたします。

日本人スタッフイメージ
日本人スタッフ
中国人スタッフイメージ
中国人スタッフ
ベトナム人スタッフイメージ
ベトナム人スタッフ


資料請求・お問合せ


協同組合経営情報サービス
組合加入のお手続き お問合せ・資料請求 サイトマップ

Copyright 2004-2012 KJS.All Rights Reserved.