[協同組合 経営情報サービス] 技能実習生受入れ事業・ETC事業を始め、中小企業の経営の安定と発展を支援します
協同組合経営情報サービス
トップページ 組合について
組合事業・サービス
ご案内

組合加入のお手続き お問合せ・資料請求 サイトマップ



組合について


組合事業・サービス




ご案内




協同組合 経営情報サービス トップ > 組合事業・サービス > ISO認証取得支援事業 > ISOの種類


ISOの種類


ISO 9001 ISO 14001 ISO 22000 P マーク


ISO 9001

品質マネジメントシステムの要求事項を規定しているのが、ISO9000シリーズの中のISO9001です。この要求事項は、どのような業種・組織にも対応できるように汎用的な表現で書かれています。ISO9001は、イギリスの国家規格(BS5750)をベースにしており、欧米の考え方や習慣の影響を強く受けています。そのため、契約主義、マニュアル作成、検証重視、システム指向などの特徴があります。また、「文書化」「トレーサビリティ(追跡可能性)」「監査」が強く要求されています。さらに、任意制度として組織(企業等)の品質マネジメントシステムを第三者が規格にもとづいて審査し、結果を公表するという審査登録制度が付随しています。現在では、100を超える国が国家規格として制定しており、140か国の約40万の機関が認証を取得していますISO9001への関心がこれほど高いのは、世界的に認知された国際規格であると共に、規格との適合性を評価する審査登録制度のためと考えられます。この審査登録制の軸となる審査登録機関、審査員研修機関は、(財)日本適合性認定協会(JAB)によって認定されます。認定は、国際規格に基づいたJAB認定基準によって審査を行い、登録証を付与することによって行われます。

メリット 仕事の標準化による効率のアップが可能!
ルールを作ることで仕事の標準化が進み、記録を検証することによって改善が可能になります。このため、みんなが同じ手順で効率よく作業できるようになり、同じ対応になるのでお客様への安心、信頼にもつながります。このことは全てのISOについて当てはまり、現場の約束事を定め仕事を進めるということで、会社として信頼度アップとなります。


ISO 14001

近年、地球温暖化などの環境問題は、世界規模での環境対策を行う必要に迫られています。こういった現状の中、企業、団体などの組織は自主的に努力するべきとの声が国際的に高まり、ISOの中で環境マネジメントシステムの国際規格を作成する事の是非が議論され1996年に発行された規格がISO14001です。別名、「環境マネジメントシステム(Environmental Management Systems)(EMS)」とも言われ、組織活動が環境に及ぼす影響を最小限に食い止めることを目的に定められた、環境に関する国際的なマネジメントシステム規格です。

メリット 急速に高まる環境対策でニーズがアップ!
ISO14001取得の最大のメリットは、国際的に注目の高い環境対策について積極的に取り組んでいるという姿勢が国内外から高く評価され、イメージアップにもつながるということです。また、企業、従業員の意識改革により経費削減、コストダウンにもつながります。


ISO 22000

国際規格ISO22000:2005「食品安全マネジメントシステム−フードチェーンの組織に対する要求事項」は、食品安全を目的としたマネジメント規格になります。Codex(コーデックス)のHACCPシステム(食品衛生管理で世界的に認められている)に、ISO9001の要素を組み込んだ規格であり、食品製造業をはじめとするフードチェーンに携わるあらゆる企業で活用できる規格です。
ISO22000には、食品安全の確保のために知られている重要項目がまとめられおり、ケータリングやパッケージ産業も含めた「農場から食卓まで」のあらゆるフードチェーンの組織を網羅する食品安全マネジメントシステムの要求事項を規定しています。

メリット 食の安全が会社を守ります!
ISO22000は、全社挙げて食品安全を守るためのシステムです。もちろん、食品安全にばかり気をとられて経営がおろそかになっては困りますが、規格要求事項に従って、足りないものを補い、良いものを伸ばすことで、効率的且つ効果的なシステムが構築でき、コストダウンにもつながります。


Pマーク

プライバシーマーク制度は、日本工業規格「JIS Q 15001個人情報保護マネジメントシステム―要求事項」に適合して、個人情報について適切な保護措置を講ずる体制を整備している事業者等を認定して、その旨を示すプライバシーマークを付与し、事業活動に関してプライバシーマークの使用を認める制度です。

メリット 個人情報の厳守!
プライバシーマークの付与認定は、法律の規定を包含するJISQ15001に基づいて第三者が客観的に評価する制度であることから、事業者にとっては法律への適合性はもちろんのこと、自主的により高い保護レベルの個人情報保護マネジメントシステムを確立し、運用していることをアピールする有効なツールとして活用することが出来ます。

※ISOの種類は多数ありますが、弊組合では、中小企業様を対象として最も有効と考えたNOをラインアップとしています。


資料請求・お問合せ


協同組合経営情報サービス
組合加入のお手続き お問合せ・資料請求 サイトマップ

Copyright 2004-2012 KJS.All Rights Reserved.