[協同組合 経営情報サービス] 技能実習生受入れ事業・ETC事業を始め、中小企業の経営の安定と発展を支援します
協同組合経営情報サービス
トップページ 組合について
組合事業・サービス
ご案内

組合加入のお手続き お問合せ・資料請求 サイトマップ



組合について


組合事業・サービス




ご案内




協同組合 経営情報サービス トップ > 組合事業・サービス > ETC事業 > 不正通行防止強化委員会

不正通行防止強化委員会


一回くらいなんてありえない。監視カメラ・料金所データは、あなたの不正を全て見ている。不正通行は犯罪!必ず発覚します!!

損害賠償を組合員企業へ請求する場合がある 道路整備特別措置法により罰金30万円以下 信用の失墜

監視カメラ 料金所データ 警察との関連
各高速道路会社はビデオカメラを通じて不正通行の監視を強化しています。
このビデオカメラから、車種、ナンバー等を確認し、ETC車載器に登録している情報と一致しているかといった判別等、全ての不正通行を明らかにします。
料金所で虚偽の入口申告」「複数のカード利用による詐欺行為」「通行券の取り替えによる詐欺行為」等全ての不正行為は、所要時間、通行履歴から監視カメラと連動することによって、確実に発覚します。 各高速道路会社は警察や捜査機関との連携を強化しています。

警察との連携 img

ETCの不正通行とは・・・
不正通行を行った車両の運転者は道路整備特別措置法により、30万円以下の罰金となりますが、ETCコーポレートカード利用定款に基づき組合員全ての割引が停止になる恐れがあります。この場合その損害を被った金額を、起因となった組合員企業へ損害賠償請求する場合があります。
不正セットアップ
ETCの使用には事前にETC車載器に車両情報のインプットが必要です。この車両情報を料金の安い車に変更する行為です。
レーン強行突破
ETCレーンのバーを無理やり押し破ってレーンを強行突破する行為です。


キセル行為
料金所で、実際の利用と異なる入口の虚偽申請を行い、走行料金をごまかす行為です。
なりすまし
ETCを取り付けていない車なのにETC車のふりをして「ETC/一般」の混在レーンを通過する行為です。
ピッタリ走行
ETCレーンを出る時に、2台ピッタリと前後に並んでETCゲートを通り、1台分の料金しか払わない行為です。

正しく課金できていないと思ったら!ご連絡ください NEXCO東日本 お客さまセンター 0570-024024(24時間)
NEXCO中日本 お客さまセンター 0120-922229(24時間)
NEXCO西日本 お客さまセンター 0120-924863(24時間)
首都高ETCコールセンター 03-6667-5859(9:00〜18:00)
阪神高速お客さまセンター 06-6576-1484(平日8:30〜19:00・土日祝9:00〜18:00)
本州四国連絡高速道路 078-291- :00〜17:30)

ETCレーンでは自足20km以下に減速して進入し、徐行して通行。協同組合 経営情報サービス

協同組合経営情報サービス
組合加入のお手続き お問合せ・資料請求 サイトマップ

Copyright 2004-2012 KJS.All Rights Reserved.